スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

仏のバッケンレコード

厦門で夕食を食べる事に。
現地の知り合いが食事を手配してくれるのだが、いつも申し訳無くて・・安い料理を頼む。
福建省という事でメインは海鮮料理^^ 厦門で昔から通っており、今では超有名店になったのが「舒友」である。
最近、舒友が海岸線沿いに超VIP専用店をオープンさせたという事で、行ってみる事に。ちなみに知り合いも超高級すぎて行った事が無いらしく、みんなテンション高めで出かける。

舒友VIP専門店はコロンス島を望む海岸線沿いにあり、円形の建物となっている。
舒友といえば、店に入ると左右からチャイナドレスに身を包んだ女性が左右から「歓迎光臨」と出迎えてくれるのだが、さらに黄金色のソファーセットが雰囲気を高める。
ソファーに腰掛けたかったが、すぐに予約をしてあった部屋に案内される。
部屋の調度品も非常に贅沢で、VIP御用達を全面に押し出したイメージである。各部屋にはベランダが付いており、自分の部屋も含む半数以上からの部屋から海が望めるのだ!

舒友VIP専門店 ソファー 舒友VIP専門店 部屋 舒友VIP専門店 セット
舒友VIP専門店の内装

いつも舒友では、食材水槽を眺めながらお勧めの食材や調理方法を聞いたりするのだが、この店ではそんな事はなく、メニューのみの注文だという。
少し残念に思いながらメニューを開くと、一ページ目に「仏跳壁」が載っているではないか!
おぉ、コレが食べたい! いつもは遠慮しているが・・今回だけは贅沢を言わしてもらおう^^ 「仏跳壁」と言うと、少し顔が引きつりながら「良いよ!」と返答。そりゃそうだろう・・場所はVIPだし、福建料理の最高峰だし、値段も仏でないと乗り越えられない^^; 一人一杯\3,000程度。 現地人の一日分の給料以上なのである。

舒友VIP専門店 仏跳壁仏跳壁はお約束通り、壺に入ってやってきた!ふと隣を見てみると、知り合いは鮑のスープを頼んでいるではないか! ゴメンね・・・^^;
仏跳壁は鮑・フカヒレ・燕の巣・ナマコ等が煮込まれていて、めちゃウマイ!!味も良ければ、香り良し、舌触り最高^^v
この仏跳壁は絶品である!今まで食べた仏跳壁の中で一番決定!! 仏が飛び跳ねるのが良く分かる^^ というか誰が食べてもウマイものはウマイし、飛び跳ねるものは飛び跳ねる^^
中国料理というのは料理方法から名前の付け方まで奥が深いね~、と改めて関心。
スポンサーサイト
ページトップへ

今も60年前も航空機!

関西国際空港から上海浦東空港にて中国に入国し、上海虹橋空港から厦門に向かう。
上海に向かうのはいつも通りのNH155便。上海浦東空港の混雑の影響か?数ヶ月に一回毎に午前便の出発時間が早くなっている・・・。今回の出発時間は9時55分。(数は少ないが)ANAの中では特別に早い。。

いつも通りに搭乗手続き&荷物を預け、セキュリティチェック&出国審査を通過。今回はお客さんも同行しているのだが、お土産を購入するという事で一時解散。
適当にお菓子を購入し、出発ゲートへ。搭乗20分程度前という事で、まだ待っている人もまばら・・。

携帯ガン見のCAさんと、いました!またもやANAのCAさんの制服を着て、携帯をガン見する方一名。
どうしてこんなに目立つ場所で目立つ事をするのだろう?まぁ帰り便が仕事で、行き便は仕事外なのだろう。仕事外に何をしても会社的には関係ないのだろうが・・・搭乗するお客にとってはANAの制服は制服。インパクトが大きすぎる・・。
中国の方みたいなので、LCCのPeachに飛ばされない事を祈るのみである^^;

航空機は無事&ほぼ定時に上海浦東空港に到着し、虹橋空港まではタクシーで移動。
久々に上海の高速をかっ飛ばしたが、渋滞がだいぶ解消されている^^ 高速道路・地下鉄・高速鉄道などの交通網の整備は、世界一投資が進んでいる街である事を改めて思い知る。

上海虹橋空港に到着し、厦門航空にてチェックイン。搭乗カウンターではオンタイムと言っていたが、搭乗ゲートでは一時間程度の遅れ。まぁ、この程度の遅れで済んだ事に感謝^^;
1952年 中国民航路線図厦門航空便に搭乗し機内誌を読んでいると、中国民航がスタートした当時の路線図が掲載されていた。当時は経由しながらの5便だけである。
1952年の中国民航・・・。今でさえ不安たっぷりなのに・・・と想像してみるが、軍隊の飛行機であるだろうし、パイロットも先祖まで調べつくされたエリート隊員が操縦していたと思われる。中国共産党の幹部が搭乗した飛行機が墜落したという話は聞いた事が無いし、実はめちゃ安全だったのかも^^;
ページトップへ

石垣一周の旅


石垣島をレンタカーを借りて、一周する。石垣空港を出発し、北上後平久保崎灯台で反転し、川平・御神崎灯台と経て、石垣空港へ戻ってくるコース。

朝9時にホテルまで迎えが来て、コピーされすぎてよく分からない申込書にサインし、手続き後スタート!
空は晴れてはいないが、雲が出ているだけのそこそこの天気。車も少なく、快調に国道390号線を走る。しばらく走っていると、長い陸橋みたいな施設が見える。近くまで行って見ると、新石垣空港の建設中の施設の一部!工事中の新石垣空港を見学できるみたいなので、ちょこっと寄ってみる。現在では最後の新設の空港なのだ!

建設中の新石垣空港誘導灯 建設中の新石垣空港見学台
建設中の新石垣空港の誘導灯と見学台の案内看板

建設中の新石垣空港滑走路「見学台」と書いてある場所まで行ってみると、工事現場事務所らしき平屋建てプレハブの屋上が見学台となっているみたい^^; 昇ってみると工事中の滑走路が見渡せる!まだ舗装はしていないが、滑走路と誘導路の姿ははっきりと見てとれる。けっこう海に近いのである!これは環境団体が土砂の流出などで海が汚れると言うのがよく分かる!!でも畑を耕してても雨が降れば土砂は流出するだろうし、下水も中心住宅地以外はほぼ垂れ流し状態らしいし、あんまり変わらないのでは・・というのが個人的感想。
ただ、今の空港は離島ターミナルまでバスで15分ぐらいだが、新空港は45分ぐらいかかるようになり不便になるのでは・・という心配がある。まぁ、今の空港では於茂登岳に雲がかかると、欠航する割合が高くなるそうなので、離発着しやすい空港になれば全体的にはプラスなんだろう。

建設中の新石垣空港付帯工事看板見学台を降りて、周りの看板を見ると、色々な工事の内容が書いてある。色々な付帯工事があるもんだと見ていると、全ての工事で請負金額が明記されている。数千万円から数十億円まで色々。これは当然石垣市や沖縄県では賄えない金額であるし、自分たちの税金が投入されているという事であろう。

続きをみる

ページトップへ

川平の夢


今回石垣島で宿泊しているホテルは、ホテルにダイビングショップが併設されている。元々石垣島へ来たならばダイビングをする予定だったので、朝早くに迎えに来られるよりは、自分のペースで準備できるのが良いし、何よりも近いのは便利!という事で、ホテル併設のダイビングショップ「ハッピーホリデー」にてファン・ダイビングを申し込む。ここ「ハッピーホリデー」はホテルとダイビングショップ、そしてダイビングショップの裏側にある居酒屋「マルダイ」も同じ経営でしているみたいで、ダイビングのインストがダイビング終了後に居酒屋でバイトしていたりするという!若いダイビングのインストは将来独立する為にお金を残したいのだろうから、ちょうどいいシステムになっているのかもしれない^^;

約2年ぶりのダイビングで川平石崎マンタスクランブルへ向かう。スキルには自信はあるものの、いざ潜ってみると何が起きるか分からない・・。オニイトマキエイが現れた時にトラブったら最悪である・・。なんて内心心配していたら、トラブルはすぐに現れた!!
水深3~4M程度でマスクに水がどしどし入ってくる!マスククリアをするものの、追いつかないぐらいのスピードで水が入ってくる!どうもストラップがゆるいのか、マスクがいがんでいるみたいである!!インストがマスクを掴んで、グリグリすると収まった^^v さすが頼りになるインストである!!

続きをみる

ページトップへ

石垣


沖縄は石垣島へ行く。沖縄本島へは何度となく訪れた事はあるのだが、離島は無い。離島へ訪れようと思うのだが、往路で一日・復路で一日と考えると・・・なかなか難しい。時間をかけて訪れた以上は、それ以上に楽しんで帰りたい!

今回、1~5日まで休みが取れたので、念願だった石垣へ訪問^^v
GW連休真っ只中という事もあるので、まず航空券を押さえなければならない!という事でANA国内線が予約可能になる3月1日の予約開始と同時にチケットをゲット!なんと、10分程度でお目当ての沖縄行きの航空券は売り切れてしまった!なんというプレミアチケット!!
チケットを押さえた事で、石垣での宿泊先と「石垣≒マンタ」とダイバー間で憧れの川平でのダイビング・島内観光の為のレンタカーを予約。後は何とかなるだろう^^v

伊丹 → 那覇 ANA105便の匠味今回は伊丹空港から出発。航空機はB773&満席+大量の子供という事で、搭乗ロビーはハチャメチャ!個人的には大幅に遅れると思っていたが、グランドスタッフの頑張りによりほぼ定刻にてフライト。
機長アナウンスによると、九州を過ぎた辺りからよく揺れるとの事^^;まぁ大した事無いだろうと思っていたら、けっこう本格的な揺れ(汗)自分は前方に座っていたのだが、後方に座っている人は大変だっただろう^^;

那覇空港に到着し、石垣空港便に乗換え。乗換え時間は40分とまぁ余裕^^フライト15分前にゲートへ行くと、優先搭乗が既に始まっている。まぁバスで移動なのだから、焦る事は無い^^最後にバスに乗って、最初にバスから降りればよいのだ!
とここでゲート内のグランドスタッフの様子が慌しくなってきた!何やら無線でもめている・・・。とここで、「機材変更を行います。しばらくお待ち下さい。」なるアナウンスが!こんなギリギリになってからの機材変更!?機体に異常があったか、機長が泥酔で現れたか、何にせよ普通ではありえない・・・。
仕方なく、椅子に座って待つ。事前搭乗で先にバスに乗った人に至っては、バスの中で待たされている!あぁ、年寄り・子供連れでなくて良かった!
しかし、長時間待つ。もしかしたら次に石垣から到着する航空機の到着を待って、最終的には一便欠航させる気なんだろうか?と思っていたら・・ちょうど一時間待ちで空港の端の端に停めてある機体に搭乗(笑)

那覇 → 石垣 ANA1773便の搭乗機体に最後に乗り込んだら、既に自分の窓側席には子供を抱いた母親が・・。まぁ事情を察して、「席交換で良いですか?」と尋ねると、不審そうな顔をされる。。というか、そこ!初石垣で風景を楽しみにしていた、自分の席なんですけど!「そこ自分の席なんですよ!」とあきらかに不機嫌な顔と声で言うと、初めて事情が分かったのか、良いですよと返答。はぁ、初石垣の道のりはツイていないものである。と思っていると、ウィンドシェードを閉めだす母親!しかも下部を少しだけ空けて、眼下に広がる珊瑚礁を自分だけ眺めているではないか!なんとイラつく人だ!空の旅の楽しみ台無し!!

続きをみる

ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。