スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

スプーンダイニング


K氏の結婚式 二次会の打合せで、守山にある「スプーンダイニング」へ行く。車も停められて、雰囲気が良くて、紅茶が飲み放題!という女子チームお気にのお店。
お店に到着すると店の前の駐車場ははみ出すぐらい一杯だったが、お店の裏側に大量の駐車場がある。う~ん、きっと昼下がりには有閑マダムで混み合っている事なんだろう・・・^^;と想像しつつ車を停める。

お店に入ると常連客であるYちゃんが予約不可にも関わらず、角の席を確保していてくれた^^凄いぞー!
取りあえずお腹が空いているので、鮮魚のカルパッチョ・野菜のセイロ蒸し・オムレツ等の食事と、おかわり自由という紅茶を注文。

打合せをしながら、料理を食べる。紅茶が専門という事で正直料理には期待はしていながったのだが、ごはん系は量も多いし、そこそこ美味しい^^ しかし紅茶はカップすら出てこない。お水の給仕はあるものの、なぜに紅茶が来ない??ここ専門店ではないの??
業を煮やして店員さんを呼んで、強めに言う。するとカップが出てきて、その後ポットを持ってきた。さぁ、紅茶が飲めるぞー!と思いきや、ミルクたっぷり甘ったるいチャイ的なもの・・・。
いやこちら食事真っ最中ですし、いきなりこんなの持ってこられたってと女性陣猛抗議!
紅茶を点てるのにそんなに時間がかかるのか?10分ぐらいたって、フレーバーが数種類入った紅茶を給仕。これは香りも良くて、味もなかなか^^ でもさっきのカップにそのまま注がれたので、甘ったるさは継続・・・。
結局三時間ぐらい滞在したが、まともな紅茶を持って来たのはこれ一回のみ。頼んでもいないお水は何回も持ってくる。その度に紅茶をお願いしても、一回も持って来ない。他のテーブルには給仕しているのに・・なぜ??
普通はこの時間滞在すると10杯近くは飲めると、Yちゃんも呆れ気味。

スプーンダイニング 鮮魚のカルパッチョ スプーンダイニング コロッケオムレツ
スプーンダイニング 鮮魚のカルパッチョとコロッケオムレツ

ゆっくり話すにしては店内BGMは大きすぎるし、水槽には観賞魚じゃなくすし屋みたいな魚が泳いでいるし、雰囲気ぶち壊し!!(怒)
もぅ行かない。
スポンサーサイト
ページトップへ

ヴィンテージの黒

京都 先斗町にて風物詩である鴨川床にて串カツを食べている夜。今の時期は蚊もおらず、蒸し暑くも無く清々しくて丁度良い^^
その後にHさんに行きつけのヴィンテージウィスキーを専門にしているバーに連れて行ってもらった。
どうやってこの店を見つけたのか!?という路地の奥の奥の二階にある10人も入れないお店。

ヴィンテージの黒「取りあえず初めて来たのならコレを飲んでみたら」というマスターの言葉に従って、60年代のジョニ・黒をロックで頂く。
ジョニ・黒一本の値段が大卒初任給と同じか、それ以上だった時代。
海外旅行に簡単に行けないし、おみやげ免税品でも手が出なかった時代。
洋酒 = お金持ちの家の飾り物という時代。
その頃を想像しながら頂く。
現在のジョニ・黒より少し濃くて香りが強い気がするが、正直・・愛好家では無いのでよく分からない・・・(汗) ただ、約40~50年前にボトリングされたお酒が今も飲める事に正直驚き!
マスター曰く、昔はコルク栓が普通だったらしく、ヴィンテージウィスキーは栓を開ける時に一番注意しないと、コルクが乾燥してねじ切れてしまうとの事。
ちなみに今回のジョニ・黒もコルク栓^^v

60年代ヴィンテージ ジョニーウォーカー黒ラベル 一杯(40mlぐらい?) \3,000也(チャージ・税も込みで)
普通に新品のジョニ・黒が一本買えてしまう値段・・・難しいな~^^;
ページトップへ

初!女子プロ野球観戦

女子プロ野球 in わかさスタジアム京都今さらという感じもあるのだが、初めて女子プロ野球を観に行った。
場所はわかさスタジアム京都。京都アストドリームス兵庫スイングスマイルーズとの前期10回戦。
プロ野球公式戦とは違って、席も自由席だし観客も千人程度で内野しか公開していないので、好きな場所で隣りも気にせずにゆっくりと観戦する事ができる^^ 今回は初観戦という事で、一塁ベンチ上の最前列に座る。
それでも20人程度のブラスバンドはいるし、チアチームもいて試合を盛り上げてくれる。

ホームの京都アストドリームスはエース大倉が先発。さぁ、見るぞ!と思いきや、初球を先頭打者の厚ヶ瀬にヒットを打たれ、盗塁されでいきなりの満塁!続く打者にレフトオーバータイムリーを打たれ、あっというまに8失点で降板。男性のプロ野球ではヤジを飛ばし、ビールも飛ばす(禁止)状況なのだが、女子だけに見ていて可哀想になる。
そんな状況でやっと監督が出てきて、投球練習場で肩を作っていた塩谷に交代。隣のおっちゃん曰く、ルーキで初登板らしい・・・。大丈夫かと思いつつ試合を見ていると、交代した塩谷がちゃっちゃとアウトを取っていく。おぉ、凄いぞ!!
その後、3回に1点、6回に3点と京都アストドリームス反撃するものの、そのまま8対4で兵庫スイングスマイルーズの勝利。

前期10回戦の初球 京都アストドリームスの反撃
一塁側ベンチ上から試合を観戦

男性のプロ野球と比べて試合展開も早いし、一生懸命さが見ていて感じられる。今年が二年目という事なのだが、彼女らにとっとら来年もリーグがあるかどうか分からない。その中でも野球ができるという事は素晴しいのだ!
試合開始時にはスタメンの選手が子供を連れて各守備位置に散ったり、試合前・後には監督も含めて全員が並んで観客席に一礼する、ネットでの試合ダイジェストなど、男性のプロ野球も見習う場面が多く有るように感じた。

できれば現在2チームだけなので、数チーム増やしてリーグ戦ができるようになったら面白いと思う。
また機会があれば観に行こう!
ページトップへ

るりにあるネパール

用事があって、るり渓まで車を走らせる。車を走らせていていつも思うのだが、人は山の奥深くまで棚田を作り、稲を育てているのだと感心する。
るり渓周辺もそういった棚田があるところよりも奥深くにある。

るり渓には、るり渓温泉という温泉地があり、その周辺には宿泊やバーベキュー等々ができる施設が並んでいる。遊歩道も整備されており、グランドやテニス場などスポーツ施設もある。

その中に、「ネパール友好館」という周りとは少し違う雰囲気の建物がある。近づいて見てみると、ネパールのクマリが住んでいる建物のように柱一本一本に細かい彫刻がされている!いたずらがひどいのだろうか?建物は金網フェンスで囲まれており、近づくことができないのが残念・・・。
ネパール友好館その代わりにだろうか、横に足場が組んでありフェンスの上の高さから建物を眺められるように工夫してある。足場に上って建物全景を眺めてみると、けっこう大変な仕事がしてある。案内板には全ての材料はネパールから運び、建設の職人もネパール人が来たという。きっとネパールでは歴史に残るようなプロジェクトだったのだろう・・。それが人目に付かず(失礼だが)ここに建っているというのはもったいない!!
色々と政治的な事や行政的な事があるのだとは思うが、日本とネパールの友好の証であるし、ここまで素晴しい仕事をしているのだし、もう少し良い場所に移設してあげたら良いのにと思う。
ページトップへ

午前0時のカレー

大学生の時は晩ご飯を食べながら、打合せをした場所。夏場は冷房代を節約する為に、鳥のから揚げと白ご飯セットで何時間も粘った。当時に今のようなモバイル環境やスマートフォンがあったならば、確実に滞在時間は伸びているであろう^^
久しぶりにガストにて、エンドレスの打合せを行う。スタート時間は夜の11時半・・・。なんだかんだとしゃべったり、考えたりするとお腹が空く。お酒を飲んでいるのもあって、さらに我慢ができない・・・。

もぅ日も変わろうとする時間に、マイチョイスカレー180(ミニサイズ)を注文。追加トッピングでホウレン草とソーセージを追加。
少しだけ食べたいというニーズが多いのか、180gという少量サイズがあるのが嬉しい^^

マイチョイスカレー180カレーが到着。一口目の感想は、なかなかイケる! 多分・・ルーはレトルトだと思うが、充分味わえる。トッピングのホウレン草が問題だ・・。湯通しをしてから時間が経っているのか、パックから出したままなのか、ぱさぱさ・・。食べててもホウレン草の味がしない・・。
と、前に座っていたHさんの注文したトッピングが間違っている事が判明。そのカレーには注文もしていないホウレン草がトッピングとして載っている。肉食系のHさんにはホウレン草なんて不要。優しいHさんのスプーンによって、Wホウレン草となった私のカレー。
きっとビタミンと鉄分豊富な身体になれるだろう!
ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。