スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

もうそうの竹なのか


海印寺寂照院 山門仕事で長岡京市の海印寺寂照院というお寺へ行く。竹所の長岡京らしく竹林を抜けた山の麓にあった。
取引先を待つ間に、お寺の云われなりを見ながら歩き回る。
なんでも海印寺は九世紀初頭に華厳宗を修行し、国家を鎮護する道場として建てられたのが始まりらしい。その後色々あって衰退し、現在に至る・・とまぁこんな感じである(笑)
まぁ末端の末寺までなんやかんや云われがあったのでは、後世の日本史が必要な受験生にとっては迷惑この上無いのでこんな感じが良い^^

すこし境内を覗いて見る事に。
本堂と思われる建物に向かって石貼りがしてあり、すぐ左側に小さな碑が建っている。
「日本孟宗竹発祥之地」
えぇ!マジですか!! そんなテストに出るぞ的な情報は入り口の説明板には書いて無かったぞ!
裏面には、「禅僧道元が中國の杭州より孟宗竹を持ち帰り当地に植えられたのが日本の孟宗竹の起源とされております   寺伝より」む~という事はお寺が勝手に言っているだけって事!?
あやしい・・・。ぜひお寺には確たる物証を見つけて頂いて、入り口の説明版に堂々と書けるようにして欲しいものである^^
日本孟宗竹発祥之地の碑 「日本孟宗竹発祥之地」裏面
「日本孟宗竹発祥之地」の碑
スポンサーサイト
ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。