スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

みたらし


朝早く目が覚めたので、下鴨神社(加茂御祖神社)のみたらし祭へ行く事に。
下鴨神社のHPによれば・・
平安期の頃、季節の変わり目に貴族は禊祓いをして、罪、けがれを祓っていた。土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目があるといわれている。毎年、土用の丑の日に境内御手洗池に祀られている御手洗社において「足つけ神事」が行われる。老若男女が集まり、御手洗池で膝までを浸し、無病息災を祈る。
とある。
土用の丑の日は過ぎているが、まぁ良いだろう^^
御手洗川に入れるのは一年で今しかないし、夜に行ったら人が多すぎて神事というよりも、小学校でプールに入る前に足を消毒する塩素がキツイ場所みたいで嫌だ。

下鴨神社 参道8時半頃に下鴨神社へ到着。すでに駐車場は半分程度埋まっている。
木々に囲まれた参道を歩きつつ、本殿へ向かう。人もまだ少なく、気分的には清々しい^^
本殿前の左側にみたらし祭の受付がある。ほとんど人はいないが、整列用の綱が縄張ってあるという事は夜には多くの人が並ぶのだろう。

履いてきた靴と靴下を脱いで袋に入れ、御手洗川に入る。ひやっとする水が気持ちいい。
途中で蝋燭に火を灯し、御手洗池の奥にある井上社前に向かう。ただこの蝋燭の火は数歩歩いただけで消えてしまう・・。何度かチャレンジするが・・結果は一緒 TT
仕方ないので、誰かの火を貰う事に・・・。ご利益が心配・・・。

みたらし祭 受付 御手洗川へ入る 御手洗池
下鴨神社 みたらし祭

御手洗池から上がり、御神水を頂く。うむ日頃の飲み慣れた”水道水”の味^^;って事は水道をひねるだけで、毎日「延命長寿」の霊験が!!
そんな事は無い訳で・・毎日の精進が延命長寿に繋がるって事だよねっ!と自分で勝手に納得。

その後、井上社にお参りをし、神池に一年間浸かっていた黒い御神石を頂き、全行程終了♪
本殿にお参りし、縁結びの相生社にお参りし河合神社と長明の方丈に寄り帰路につく。

みたらし祭 御神水 みたらし祭 御神石
みたらし祭での御神水と御神石

スポンサーサイト
ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。