FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

ハルビンへの空

ハルピンに新潟経由で行く事となった。

新潟空港で中国南方航空カウンターにチェックインと思ったら、カウンターが無い。なんでもJALのカウンターでチェックインを行っているらしい。同じスカイチームの大韓航空のカウンターでしたら良いのにと思いつつ、順番を待つ。
順番を待っていてもなかなか前に進まない・・・。JAL(関連子会社??)の職員が荷物を持って、行ったり来たり。一回でX線チェックなんて済ましてしまえよ!と思いつつ、まだ順番を待つ。
まだなかなか進まない。当たり前の事だが、ビジネスクラス用のカウンターは空いている。飛行機も小さい事もあって、ビジネスクラスのお客なんて少数しかいないのだから、他の客のカウンター業務をしてくれても良いのに、そんな事もせずに忙しい他の職員を横目に笑いながら喋っている。
JALはめったに乗らないのだが、こりゃダメだ!
ANAとか日本以外の国の航空会社でもカウンターが空いていたら、みんなで乗客を捌きながら定時出発を目指す。こんな当たり前の事ができない会社・従業員なんて税金で支援する必要があるのだろうか??
ちなみに予想通り、飛行機は定時には飛べなかった。。。

南方航空 MD-90


今回の飛行機はMD-90だ。エンジンが機体後方にあって、外見がスラっとして美しい。最近はボーイングかエアバスなので、変に嬉しい^^今の内に乗っておかないと!という気分になる。
ちなみに座席は後ろから4列目通路側。。カウンターの職員が「前から少し距離がありますぅ」と言っていたが、一思いに「後方です」って言ってくれた方が分かりやすい。
一番後ろの座席が空いていたので、そこにチェンジ!
したのは良いのだが、窓が無い。。まぁ、窓があったところでエンジンと少しの風景しか見えなくて残念なのだが、、、。
MD-90やCRJはエンジンが機体後方に付いているせいか、飛ぶ時の加速感と上昇感が凄いある感じがする。
今の日本では航空機といえば、ボーイング 737, 767, 777かエアバス 320、DHC-8-Q400シリーズが多いので、色々な事情もあるとは思うが他の機種もたくさん飛ばして欲しいものである。

ラッキーな事に、機内食は後ろの席から配布が始まった。
一番後ろなので、待たされてミールが冷めてしまって、食べ終わる頃には着陸体勢という状況を予想していただけに、ハッピー!
でもあんまり食べないんだけどね~^^;
内容はパンと野菜・そば・フルーツが入ったボックスと魚の味噌炒めご飯。
中国の航空会社の機内食といったら、前は一口食べたら、もぅ「ごちそうさま」ってなっていたのだが、最近はマシである。むしろ日本の航空会社の味が落ちてきている気がするのは自分だけだろうか?(エコノミークラスで云々言ってもしかたがないが・・・。)

南方航空 機内食 ハルビン空港

機内食も食べ終わって、ウトウトしていると飛行機はハルビン空港に到着。
飛行機も止まって、通路が進むのを待っているタイミングでふと後ろを見てみると、、スッチーが携帯電話でメールを打っている。
やっぱすぐにケータイみたいよね^^

さてハルビン空港だが、中国の地方国際空港のお決まりなのか??荷物が出てくるのがめちゃ遅い・・。荷物待ちだけで約20分。飛行機が止まってから、空港出るまで45分。。もうちょこっと改善して欲しいと思う今日この頃。

スポンサーサイト
ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。