スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

空中230メートルで宙に浮く


香港・マカオ カジノ・セレブツアー 2日目。マカオ観光のシンボル的存在のマカオタワーに登る。自分自身は一度登った経験はあったのだが、他の3人の内、Tさんは負けを取り返す為にバカラに熱中!行った事のないKさんとYさんの3人で出かける事に。
マカオタワーの一つの特徴としては、タワーの展望台からのバンジージャンプ。
自分も含めてバンジーはできっこないので、展望室の外周通路を歩くスカイウォークを提案。するとYさんが乗ってきた!
現地ツアーで前回来た時は、時間制限があるのでバンジー含め遊びは一切無し!風景を眺める以外は、入り口付近のカフェでエッグタルトを購入する事しか許してくれないのである。。

マカオタワーからの眺めバンジーやスカイウォークを含め、全てのチケットは事前に地上カウンターにて購入。その後にエレベータで展望室に上がる事となる。
まぁ、大丈夫だろうと思ってチケットを購入し、展望室に上がり、外を見てみると・・・けっこう怖い(汗)
Kさんは極度の高所恐怖症なので、窓際に立つのさえ嫌がっている。。

と言っても、ここは根性を決めて出撃せねば!
そう思っているそばからバンジージャンプの準備をしている西洋人がいる。器具を装着して・・ありえない速度で下へ落ちてった・・・。
ひやぁ~・・でもこれよりましかぁ~
って思ってみると根性が決まってきた!
オリジナルのオレンジ色のTシャツに着替え・・安全器具を取り付け・・靴も履き替えて、いざ!!
バンジーで落ちていく西洋人スカイウォークはガイド兼カメラマンと同時刻に出発する6人の計7人で出発。
上のガイドからぶら下っているハーネスを安全器具に取り付けて、歩き出そうと思ったら、またもやバンジーをする西洋人が!人間が自分の数メートル先から真っ逆さまに落ちてく・・あっという間に見えなくなってしまった(汗)

恐る恐る少しずつ歩き出すと・・思っていたより恐怖心が無くなる。
目の前の床を見ている分には怖くないし、安全ベルトのロックを掛けていれば握り締めなくても心配無い^^
と思っている所に最初の指令が・・・^^;
展望室外側の外周通路は本体と幅50cm程度の横柱で繋がっているのだが、そこに足を踏み出して、床に座れという!
足を踏み出そうとすると・・230m下の地上までよく見える(汗)
しかも安全ベルトは座る為に最大限緩め、手に持ってはいけない!
ガイドがポーズを決めた写真を撮影してくれるのだが、現像した写真を見るまでも無く・・情けなく太ももで横柱を挟んでる。。無機質の柱を思いっきり足で挟んだのは生まれて初めてである。

次の指令は外周通路の外側に半分身体を乗り出して、片足立ちをしながら空中に片足と片手を放り出せという事。
安全ベルトを握り締める手が痛い。。

次の指令は足を通路から外に出して、座れという。
外周通路の外側は、日本人から見ると安普請な溶接で止めてあり、凄く不安・・。恐る恐る足を延ばし、顔を上げて何もさえぎる物の無い地上230mの絶景と澄んだ青空を見ていると、何だか気分的に楽になってきた^^
欲望が渦巻くカジノ・ホテル群、歴史的施設が並ぶ町並み、ひっきりなしに出航するフェリー、海峡を挟んで見える中国、全てのものが手を伸ばせば届く所にあるミニチュアのように見える。

その後の指令である、安全ベルトに身を任せ空中に一旦静止するといった事や、それを応用して空中でターザンの真似事をするという事・通路の外側に身体を反り返す事は恐怖心無く楽しみながらできた。
人間の思い込みなんて、単純なもんである。
自分たちの前に5歳ぐらいの子供がスカイウォークしていたが、びっくりするぐらい大胆に歩いたり、下を覗き込んでいた。大人になると色んな経験が無意識に頭をよぎって、恐怖心を生むんだという事が改めて分かった。

スカイウォークが終わると、ガイドが撮影した写真をCDに焼いて、証明書・スタンプカードと一緒にくれる。
ちなみに・・スタンプ1つで2回目・3回目が$99となり、スタンプ3つで次回無料になるみたいである^^

証明書と写真CD
スカイウォークの証明書と写真が入ったCD
スポンサーサイト
ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。