スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

S的総会。


毎年この日にあるSの総会・懇親会があった。総会・懇親会と言っても来賓も身内だけで、ほとんど「ちゃんちゃん」の感じ^^;とはいえ、格式はある程度保たなければならないので、資料の準備やマニュアルは書かなければならない。あんまり前例どおりにするのも気が進まないので、マニュアルは新しく書き下ろしてみた。
今年は組織・規約を大幅に変えるという事で、個人的には何か言い出す人が出てくるかと期待していたが・・・やっぱり「ちゃんちゃん」の結果に。
まぁ、議論が白熱したらしたで会食の時間もあるし、二次会のセッティングも調整しなければならない^^;

大学や社会に出てからも議論を行い、議論に慣れていた世代に比べて、今の青年世代は議論が少ない。これがゆとり世代になると、「キレる」・「個人主義」等という言葉で代表されるように、もっと議論が少なくなって、組織自体が維持・運営できなくなっていくのではないだろうか!?
色々な意味で心配な今日この頃・・・。設営・運営お疲れ様でした!
ページトップへ

Y的理事会に初参加


今年度からYの理事という事で、理事会に初参加した。
とは言っても、昨年の末から予定者会議に参加していたし、メンバーも知った顔が多いので緊張しなくて良い^^
知った顔が多いというのは、メンバーが固定しているのでは・・数年後にはどういったメンバーになるのか・・という焦燥感を感じる事がある。まぁ、世の中的に見てこういった団体に参加できる人が減ってきているのかもしれない。。。

理事会は順調に終了し、ATの講習会も終了。会議だからみんな発言をしたらいいと思うのだが、あまり発言が出ない。個人的には盲点を突くような質問を見たいのだが、そんなのは出ない。なんだか少し寂しい^^;

その後はお花見!円山公園の桜の下で、焼肉&串カツとビール&熱燗^^まだまだ夜になると冷えるからか、熱燗を飲んでもあんまり酔わない。冷静なだけに明日の二日酔いがいつもより怖い・・・。
今年度一緒に過ごすメンバーと桜の下で飲む^^ことし一年、頑張ろう!と思う夜だった。
ページトップへ

紐を組む

Sの例会で組紐体験に出かけた。京都の伝統産業関係の方々は色々と知っているが、染物・織物関係がばかりで組紐は馴染みが薄い。知り合いのお父さんが組紐関係だが仕事が無いという話を聞いたぐらいである。
今回は安達くみひも館にて組紐でのストラップ製作をさせてもらった。

中央に穴が開いた小さい椅子みたいな丸い台を使って紐を組んでいく。今回は一番簡単な4本の紐を使用する。紐といっても、ちゃんとした絹製で中には金糸も混ざっている!4本の紐の色の組合わせは既に決まっているのだが、選ぶ組合わせだけでも数百種類あって選びきれない!
色々見て、イメージを膨らましながら紐の組み合わせを選んで席に戻る。
組紐丸台紐は既に数回分組んであり、20cm程先にはけっこう重量のある糸巻きに繋がっている。数回分組んである部分を台中央の穴に通し、重りを付ける。すると重りと糸巻きが同じ重さなのだろうか、穴から四方に紐が広がって止まる。

穴を中心にして点対称の二本を片手で一本ずつ掴んで、反対側に廻す。もう一組も同じように廻す。その繰り返しで紐が組まれていく。紐を組むのに、全ての道具がうまく考えられている!これが縄文時代から日本に受け継がれてきた紐を組むという事なのだ!!

組みあがった組紐紐を最後まで組み終わると、金具を付けてストラップに加工してくれる^^
その間に三階にある組紐資料館を見学する。自分たちは一番簡単な四本で組んだのだが、四十本以上で組紐を組む事ができるという!実際の組紐や道具を見学していると、まさに伝統産業だなぁ~という気がする。
組紐界唯一の人間国宝の作品もあったり、平安・鎌倉時代の組紐が残っていたりと非常に見ごたえがある。組紐は織物みたいに縦糸・横糸が無いので、道具が無かった昔に行われている複雑な組み方は、現代でも再現ができない物も多いらしい!う~ん、奥が深い!
最後に完成したストラップを貰って、大満足^^
ページトップへ

バブル世代の想い

Yの卒業式・年度末パーティに参加する。Yに入会して3年。総会と卒業式・年度末パーティは欠かさず毎回出席している。
今年の会場はリーガロイヤルホテル京都。卒業式では会長挨拶の後、卒業生一同による今までの人生を模した寸劇&替え歌熱唱!? この替え歌はなかなか良くできていて、想いは分かるのだが・・歌詞がとても笑える^^今年の卒業生はみんな濃くて、さすがバブル世代という感じである。ただそんな卒業生がステージ上で並んでいる姿を見ると、今までのお世話になった事が思い出されて・・目頭が重たくなる。
卒業生に記念品を贈呈して、卒業式は終了。

卒業生一同
卒業生一同

隣の会場に移って、年度末パーティ開催。
卒業式入場 → 来賓入場 → 挨拶 → 乾杯 → 歓談 → アトラクション → 来年度役員紹介 → 今年度役員紹介 → フィナーレ
と続くのだが、アトラクション辺りからステージに注目する人が少なくなってくる・・・。卒業生に挨拶に行くのは心情的に分かるのだが、運営している方も何だかダレ気味。。。なかなかホテルで行う事業で、全員を注目させるというのは難しい。いっそアトラクションなどせずに、交流タイムにしてしまうのも良いかもしれない・・・。

その後場所を移して二次会。
この二次会は卒業生がバリバリだった頃のバブル ディスコを再現した設営。ジュリアナ扇子を持ったコンパニオンがお立ち台の上に登り、パンチラを繰り出す^^ う~ん・・いい時代だったんだな~
卒業生の皆様、今までの活動お疲れ様でした!設営された方々もお疲れ様でした!
ページトップへ

団体の団体さん


青年団体会議 年年歳歳。
今年で十一回目を迎える京都の色々な青年団体が集まって開催される祭り。内容は基本的に決まっている訳では無く、その年度の実行委員会が決める。
今年はウェスティン都ホテルで開催される。

この青年団体会議だが、今年の参加は見送ろうと思っていた。開催の趣旨にはとても賛同するのだが、当日参加した一般参加者がどこまで交流という趣旨を達成できるのだろうか・・・。それが疑問だったのだ。
とはいえ、知り合い何人も実行委員会に出向しているし、団体的にも出席しないとマズイ・・・。という事で三日前に出席表明。関係者にはご迷惑をおかけしてスミマセン。。

宣言文朗読中今年は昼の二時から第一部が開催しているのだが、そんなに早くからはムリって事で、第二部の懇親会からの参加。当日の参加者は約400名!参加団体の所属人数から割ると少ないように感じるが、複数団体に重複参加している人間も多いので、けっこうな人数が参加しているとは思う。
来賓挨拶・今年の内容の説明・乾杯に続いて各団体のアピールを兼ねたアトラクションへと続く。アトラクションではO氏とK氏のお決まりコスプレ^^詰めが甘い所が青年団体会議っぽい。

一般参加者同士は初見の人が多く、近くの人や同じテーブルの人とは話がしづらい・・・。共通の話題にたどり着くまでに話が終わってしまう事が多く、名刺交換し社交辞令的な挨拶に終始して、最終的には知っている人の所にビール片手に避難って事になってしまう。顔が広い人は広い人で次々と挨拶に来られて、食事どころではないし名刺は増えるが顔が思い出されない・・・。
この事については出向者の方・経験者の方・役職者の方・一般参加者の方、皆色々な意見があるだろうが、なかなか難しい事である。ただ事業をする以上は趣旨達成という大きな目標がある訳で、代表者だけ、出向者だけが交流しやすいというのではどうかと思う。難しいテーマである・・・。

席でゆっくりと食事する人はきっと少数だろう・・という目論見があったのかどうかは分からないが、食事は質素な感じで食べ物も無駄にならず良いと思った。でも最初にグリーンかイエローか分からないがカレーライスと巻き寿司が出てくるのはどうなんだろう。。

また来年も参加するか悩む事になるだろう^^;
当日まで会議や準備で苦労された出向者の方々、お疲れ様でした!
ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。