スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

Y的GD 二回目


Yの連合会の全国大会開催グランドデザイン事業があった。昨年に自分たちが開催した事業の連合版である。
同じ趣旨・目的としているだけあって、内容的には似たものになる。

今回は前の実行委員長に来て頂いての講演と、分科会を何を行ったら面白いかのディスカッション。
この時期だともっと考えたり、議論したり、調べなきゃいけない事が多いと思うのだが、行っている内容は去年より殆ど進んでいない感触。
まぁ、みんな良い大人なので・・動かなきゃいけない時には動くだろう・・。
何かテンションが下がる夜となった・・・。^^;
ページトップへ

祇園牛頭大王


今年も祇園祭 山鉾巡行の曳子として参加する。二年目という事で、説明会中も宵山から当日にかけての動きも分かっているし、お偉いさん方の顔も分かっているので気分的に楽! ^^v
服装の話やら細々とした説明が終わって、さぁ、決起集会だ!というところで、曳子頭のKさんが声を掛けてきた。
「お囃子の練習風景を見ていかないか?」
子供の頃は同じ小学校で町内によっては、お囃子をしなければならない子供も多かったので、昔はよく見ていた光景だが、大人になってはあまり記憶に無い・・・。
「それでは!」という事で、お囃子の練習風景をみんなでぞろぞろと見に行く。

まだ鉾が建っていないので、お囃子の練習は鉾が建った時に渡り廊下を設えるスペースで行っていた。お揃いの浴衣と帯を締めた男集が、鉦・太鼓・笛を奏でる。
不思議なもので・・あぁ、このお囃子を聴くと祇園祭が始まったという気になってくる。

とKさんから一言入る。
「ここに八坂さんの神様がいるから、注意するように!」
とふとお稚児さんがいる祭壇を見てみると、その右側に「祇園牛頭大王」と記してあるではないか!「祇園牛頭大王」とは「スサノオ」の事であり、八坂さんのお祭りしている神様。
山鉾巡行も、八坂さんにお参りする為だけに鉾や山を動かす。宵山の日和神楽も八坂神社の御旅所まで奉納神楽を収めに行く。
Kさん曰く・・
「お囃子の練習する人間はまず、祭壇に二礼二拍一礼を行う。観光で鉾に上がる人間にまでは強要はしないが、曳子となる人間は最低限知っていて欲しいし、礼節を保って欲しい。」 
なるほど!その通りである!! 宵山前は粽売りと宴会に忙しいし(笑)、宵山は日和神楽もあるし次の日が気にかかる。山鉾巡行当日はお偉い様と違って曳子は見た目通りの肉体労働である。八坂さんにお参りする余裕は・・・正直余り無い。
であるなら、今気持ちを込めてお参りする時である。

今年も無事に巡行の朝を向かえ、山鉾巡行が終わり町内に戻ってこれるようお祈りして、自分の祇園祭が始まったのである^^
ページトップへ

なな はち なな


スマートフォンやデジカメの撮影している写真を確認していると・・実は航空機関係の写真が多い事に気がついた。自分が搭乗したりする航空機は何かの為に撮影するようにはしているが、その比率には驚いた!
まぁ気がつくのが遅かったが・・・程度の差はあれ航空機好きとして、ボーイング787がテストで伊丹空港まで来るのは見逃せない! という事で仕事を無理やり絡めて、伊丹空港に出掛ける。

伊丹空港に着いたのは、お昼前。すでにボーイング787は空港に降り立っていたし、むしろ出発まで40分ぐらいのタイミング。
まず駐車場が一杯である! 停める場所が無いという事はないが、平日とは思えない混み具合! 何も知らない一般の乗客は何事だろうと思っているに違いない。アイドルや韓流スターではなく、航空機一台を見る為に人が集まっているのだから・・・。

伊丹空港 ボーイング787 ①伊丹空港に着くと、9.11事件以降は一般に公開していない、搭乗待合場所上の展望ブリッジを特別にオープンしているという。ただ・・朝から抽選を行って、当選者限定という事らしい。おぉそんなイベントを行っていたなんて知らなかったし、どこで通知してなの!? まぁ、そんなに朝早くに駆けつける事なんて不可能だったのだが、空港職員に無理からお願いしてみる。結果は当然ダメ。。。
屋上の展望ブリッジに上がってみると、人人人!カメラカメラカメラ!!

伊丹空港 ボーイング787 ②みんなが眺める先には、ボーイング787!
実物を始めてみたファーストインプレッションは、「大きい~」という事。
767程度だと思っていたが、777に近い大きさ。翼の先が反っているから大きく見えるのかも?と思いつつ眺める。
今日の伊丹空港はスターアライアンスの特別塗装機を多く見かける。777もいれば、737もいる。ANAがテレビなどの写りを気にして多めに配置したのだろうか??

しかし・・・人が多い。いつもは缶コーヒを飲みながら、のんび~り見られるのだが、今日はまず人の頭の間を探して787を見なければならない。しかも警備員やらがとても五月蝿い(怒)
という事で、じっくり見るのは実際にフライトが開始されてからでいいや^^ って事で撤収!(笑)
15分程度でデッキから離れ、帰宅。駐車料金も30分以内で\100^^v

早く実際にお客を乗せてフライトするのが楽しみである!
ページトップへ

仏のバッケンレコード

厦門で夕食を食べる事に。
現地の知り合いが食事を手配してくれるのだが、いつも申し訳無くて・・安い料理を頼む。
福建省という事でメインは海鮮料理^^ 厦門で昔から通っており、今では超有名店になったのが「舒友」である。
最近、舒友が海岸線沿いに超VIP専用店をオープンさせたという事で、行ってみる事に。ちなみに知り合いも超高級すぎて行った事が無いらしく、みんなテンション高めで出かける。

舒友VIP専門店はコロンス島を望む海岸線沿いにあり、円形の建物となっている。
舒友といえば、店に入ると左右からチャイナドレスに身を包んだ女性が左右から「歓迎光臨」と出迎えてくれるのだが、さらに黄金色のソファーセットが雰囲気を高める。
ソファーに腰掛けたかったが、すぐに予約をしてあった部屋に案内される。
部屋の調度品も非常に贅沢で、VIP御用達を全面に押し出したイメージである。各部屋にはベランダが付いており、自分の部屋も含む半数以上からの部屋から海が望めるのだ!

舒友VIP専門店 ソファー 舒友VIP専門店 部屋 舒友VIP専門店 セット
舒友VIP専門店の内装

いつも舒友では、食材水槽を眺めながらお勧めの食材や調理方法を聞いたりするのだが、この店ではそんな事はなく、メニューのみの注文だという。
少し残念に思いながらメニューを開くと、一ページ目に「仏跳壁」が載っているではないか!
おぉ、コレが食べたい! いつもは遠慮しているが・・今回だけは贅沢を言わしてもらおう^^ 「仏跳壁」と言うと、少し顔が引きつりながら「良いよ!」と返答。そりゃそうだろう・・場所はVIPだし、福建料理の最高峰だし、値段も仏でないと乗り越えられない^^; 一人一杯\3,000程度。 現地人の一日分の給料以上なのである。

舒友VIP専門店 仏跳壁仏跳壁はお約束通り、壺に入ってやってきた!ふと隣を見てみると、知り合いは鮑のスープを頼んでいるではないか! ゴメンね・・・^^;
仏跳壁は鮑・フカヒレ・燕の巣・ナマコ等が煮込まれていて、めちゃウマイ!!味も良ければ、香り良し、舌触り最高^^v
この仏跳壁は絶品である!今まで食べた仏跳壁の中で一番決定!! 仏が飛び跳ねるのが良く分かる^^ というか誰が食べてもウマイものはウマイし、飛び跳ねるものは飛び跳ねる^^
中国料理というのは料理方法から名前の付け方まで奥が深いね~、と改めて関心。
ページトップへ

今も60年前も航空機!

関西国際空港から上海浦東空港にて中国に入国し、上海虹橋空港から厦門に向かう。
上海に向かうのはいつも通りのNH155便。上海浦東空港の混雑の影響か?数ヶ月に一回毎に午前便の出発時間が早くなっている・・・。今回の出発時間は9時55分。(数は少ないが)ANAの中では特別に早い。。

いつも通りに搭乗手続き&荷物を預け、セキュリティチェック&出国審査を通過。今回はお客さんも同行しているのだが、お土産を購入するという事で一時解散。
適当にお菓子を購入し、出発ゲートへ。搭乗20分程度前という事で、まだ待っている人もまばら・・。

携帯ガン見のCAさんと、いました!またもやANAのCAさんの制服を着て、携帯をガン見する方一名。
どうしてこんなに目立つ場所で目立つ事をするのだろう?まぁ帰り便が仕事で、行き便は仕事外なのだろう。仕事外に何をしても会社的には関係ないのだろうが・・・搭乗するお客にとってはANAの制服は制服。インパクトが大きすぎる・・。
中国の方みたいなので、LCCのPeachに飛ばされない事を祈るのみである^^;

航空機は無事&ほぼ定時に上海浦東空港に到着し、虹橋空港まではタクシーで移動。
久々に上海の高速をかっ飛ばしたが、渋滞がだいぶ解消されている^^ 高速道路・地下鉄・高速鉄道などの交通網の整備は、世界一投資が進んでいる街である事を改めて思い知る。

上海虹橋空港に到着し、厦門航空にてチェックイン。搭乗カウンターではオンタイムと言っていたが、搭乗ゲートでは一時間程度の遅れ。まぁ、この程度の遅れで済んだ事に感謝^^;
1952年 中国民航路線図厦門航空便に搭乗し機内誌を読んでいると、中国民航がスタートした当時の路線図が掲載されていた。当時は経由しながらの5便だけである。
1952年の中国民航・・・。今でさえ不安たっぷりなのに・・・と想像してみるが、軍隊の飛行機であるだろうし、パイロットも先祖まで調べつくされたエリート隊員が操縦していたと思われる。中国共産党の幹部が搭乗した飛行機が墜落したという話は聞いた事が無いし、実はめちゃ安全だったのかも^^;
ページトップへ
プロフィール

SAKACCI

Author:SAKACCI
さかっちです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
とけい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。